ようこそ。株式会社 不二木材サイトへ。

     

ウッディロード

     

開発・販売製品

ウッディロード

NEW
 
ウッドチャレンジ2015 屋外用木製家具 木材外構・外装材提案
主催 公益社団法人 国土緑化推進機構 株式会社日建設計
木材外構・外装材部門におきまして弊社の「ウッディーロード」が
「優良提案書
に選出されました。

東京都の渋谷5丁目計画に使用予定となりました。

ウッディロード




今は、ほとんどの公園や歩車道部分でアスファルトを使用している状況です。
都市部のヒートアイランド現象が危惧される昨今、その気温上昇を助長しかねません。

ウッディーロードは連結金具による平盤タイプにより始まり究極のエコを目指した針金編み上げタイプで1つの完成形が出来たと思われましたが、施工性、メンテナンス性に若干の問題が発生したため、木材をプラスチックネットに接着剤で貼り付ける構造で木材の長所を生かした製品を開発しました。接着剤については環境ホルモン等に十分に配慮した安全な物を使用しております。

木材の保水性は周辺の自然環境に良い影響を与え、併せ持つ優れた断熱性は日光を反射させず、地表温度の上昇を防ぎヒートアイランド現象を抑える働きがあります。

景観性に優れ、シート状(1m角)になっており、異型の加工も丸鋸のみで加工が可能であり、施工性にも優れております。

耐久性・耐候性としては木材に防腐処理加工としてACQ加圧注入加工を施し、JAS規格の保存処理性能区分相当以上高い耐久化処理となっています。

強度としても車両の踏み込みも可能な強度を保持しております。

一部分の補修などメンテナンスが容易施工コストの縮減に貢献します。

北海道産の間伐材を使用し、木目豊かな素材のため、景観にとけ込みやすく暖かみのある質感となっており、アスファルトなどと違い足元が適度な固さのため優れた快適な歩行感が得られ、また足腰の負担を軽減周辺環境に配慮した作りとなっています。さらに現場養生が無く、ユニット式による工期短縮とメンテナンスが容易となっています。標準色は防腐防蟻剤を加圧注入した事により、本来の木目に薄い緑色が加わった色で、設置場所の景観に合わす為に塗装による色の変更が可能です。

使用環境として屋内外に施工可能であり遊歩道、ビルの屋上、エントランス、カフェ・レストランなどのテラスの床材としてお使いいただいており、特に景観を重視した場所で効果を発します。

歩道、遊歩道を問わず、ビル周辺や屋上まで視野に入れた製品が
弊社の「ウッディーロード」です

生産性・コスト・原材料

月産生産可能数 1,000

販売価格   1崚り 11,000


使用原材料 カラマツ、杉丸太も使用可能


主な実績

国土交通省発注 焼岳情報管理事務所

小樽土木現業所発注 朝里川公園

札幌市発注 前田緑地

神奈川県 鎌倉市Gレストラン