世界に誇る第9条をきちんと読んだことがありますか?
もう一度そのすばらしさを見直してみましょう。

憲法第9条

第二章 戦争の放棄


第九条【戦争放棄、軍備及び交戦権の否認】

1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、 国権の発動たる戦争と、
  武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。
  国の交戦権は、これを認めない。


『やさしいことばで、けんぽう9じょうをよんでみましょう。』

日本にくらす、すべてのひとびとが、本当にこころから願っています。
世界中のひとびとが、正しいことと、やさしさと、そして皆で決めた決まりを守りながら、
平和でなかよく生活ができることを。
そのためには、私たちは、国として戦争をしないことに決め、
世界中のあらそいやけんかを止めるときにも、
暴力で人を殺したりしないことを決めました。
そして、そうやって皆で決めたことを、
ずうっと永遠に変えないことも、ここに決めました。

こうして決めたことを守るために、鉄砲や大砲、戦車や戦闘機、軍艦などの
人を殺すための道具と、そしてへいたいを絶対にもう2度と持ちません。
国と国がしかたのないときには、戦争をしてもいいんだという
悲しい選び方はもう、いりません。
(訳 オーバー釧路)


北海道のことばで、けんぽうだい9じょう

わたしたち、どさんこは、毎日平和であずましく、
くらしたいって、なまら思ってんのさぁ
せんそうなんかしたら、ゆるくないし、わやになるべさ
みんなでめんこくくらすべや

したから、せんそうと、せんそうに使う、
てっぽうややりはみんななげてしまって
もうぜったいに使わないって、じょっぴんかったべさ
国がなんぼせんそうしたいってだはんこいても、
そったらはんかくさいことやめれってゆるさなきゃいいっしょ