西別岳
             
虹別のシンボルともいえる山。標高800メートルとそれほど高くないものの、高山植物が豊富で、気軽に登れる山として人気です。傾斜がゆるやかで、地元小学生の校外授業にもよく利用されます。頂上からは、北に摩周湖、南に格子状の虹別大地の眺望が広がり、毎年3万人弱の登山者が訪れます。
TOPへ戻る