トップページ 商品紹介通信販売法支払方法・送料ご注文お客様の声お問い合わせ

アイスキャンドル


アイスキャンドルの作り方








ポリバケツにぬるま湯か、お湯を入れます。
ただの水だけだと、できた氷の中に気泡ができ、
透明で綺麗な氷はできません。
こうして一晩、1日置きます。









1日たちました。
前日の晩から朝にかけ、
川湯温泉は−23℃だったのでこんなに凍りました。
でも、水全部が凍るのではなく、水の外側、
バケツに着いている所から凍り
中の方は凍らずに水のままです。
日中にバケツを取る作業をしてもいいのですが、
日中の暖かさで解けてしまうので
取る作業は夜にやります。






氷をバケツから取るには、
ただバケツを逆さまにするだけでは
バケツと氷がくっついているので氷は取れません。
氷の面を少し溶かします。
バケツを横に寝かせバケツの回りに
お湯を静かにかけていきます。
急激にお湯をかけると氷が割れる場合があるからです。









バケツを逆さまにし静かに置きます。
ここでもそーと静かに置かなければ、
氷が割れてしまいます。 










バケツの底になっていた部分、
逆さまにした氷の上の部分は
最初に凍らせるときに、
バケツが雪に着いていた場所ですから
あまり凍っていません。
その薄い氷を指やドライバー・ノミなどで削り落とします。
その時の氷の厚さで道具を変えます。
この時は、氷がすごく薄かったので指で落とせました。










凍らなかった、中の水を捨てます。













これで出来上がりです。
回りの氷は厚さ1cm位です。















中にロウソクを入れ、火をつけます。












透明な氷が
とても温かい灯りをとおします。
北海道の寒い夜を彩ります。











 プレゼントアイコンふりーとーく掲示板リンクメール アイコンお問い合わせ
アイコン町のイベント・風景 北海道厳選品アイコン作品紹介店の紹介うちのチビ
トムソーヤたちの観察日記コロポックル伝説 新しい家族