標茶町博物館紀要

 
『標茶町博物館紀要』は、標茶町を含む北海道東部の自然と歴史に関わる研究論文、報告、雑記などを掲載した研究報告誌です。
『標茶町郷土館報告』を前身として、令和元年度より年1回のペースで標茶町博物館より刊行しています。
残部がある限り希望者には無料でお渡ししておりますので、ご希望の方は、どうぞ標茶町博物館までご連絡ください。
また本誌へのご寄稿もお待ちしております。ご希望される場合も標茶町博物館までご連絡ください。
 

第3号

2022年3月31日発行
(A4版24頁)

◎北海道東部 太平洋岸・根釧原野における湿原と温暖化/小荷田行男
◎北海道東部釧路湿原周縁低湿地の3,000年前以降の森林植生と推移/星野フサほか
◎令和2年度 標茶町博物館年報

 

第1号

2020年3月31日発行
(A4版31頁)

◎北海道弟子屈町から確認されたヒガシニホントカゲ/山川雄大
◎北海道東部における後期旧石器文化からアイヌ文化の各文化における生業:狩猟、漁労、採集、農耕とそれがもたらした自然環境の生態学的変化/小荷田行男
◎標茶町博物館設置への流れ/坪岡始
◎平成30年度標茶町博物館活動報告

第2号

2021年3月31日発行
(A4版60頁)

◎コサナエ連結ペアに干渉する同種2雄と異常連結観察/佐々木誠治
◎西別岳におけるカラフトルリシジミの生息確認調査報告/高橋優花ほか
◎北海道東部・根釧原野における温暖化がもたらす気候変動/小荷田行男
◎別海町三股「北海道神山村分村計画」-そこで暮らした人、その家族・親戚の語りの記録―/阿知良洋平
◎北海道集治監釧路分監本館 開館記念フォーラム実施状況について/標茶町教育委員会/佐藤宥紹・櫻庭誠二ほか
◎令和元年度標茶町博物館活動報告